アクセスカウンター

プロフィール

くわがたケイスケ

Author:くわがたケイスケ
クワガタ大好き人間♂です!
九州は長崎でひっそりと飼育しています。
最近はカブト飼育も再開しました。

特撮とジョジョも好きなのでオタクでもあります。

温かい目でご覧になってください。


※リンクフリーです。コメントもお待ちしております。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
2392位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
昆虫
47位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


クワガタenjoy 飼育

breeding room

オオクワ飼育ラボ - 貴吉おやじ編 -

フリーエリア

オタクなクワカブ戦記
暫定的処置

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

今日は超々久しぶりの標本ネタ! 前回が去年の5月なのでなんと実に10カ月ぶりなのですね~(゚∀゚)

といっても☆になったり虫の息になったクワカブたちを毒ビンから取り出し、展足するのが面倒なので紙タトウに並べただけですが・・・。 


hy

hy


もう本当に並べただけです。ちゃんと展足しないといけないんですが、どうしても生体優先になってしまい標本の管理がおろそかになってしまうんですよね(;´Д`)
これ以外にも冷凍庫で冷凍保管してある個体もゴロゴロいます。
取りあえず今は腐ったりカビが生えたり虫に食われたりしないように気を付けて、その気になったら展足してあげよう。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

スポンサーサイト
久々に展足~

ご訪問ありがとうございます。

ここ数日曇りか雨でスッキリしない天気が続いていたんですが、今日は晴天で気温も急上昇↗。晴れるのは良いんですけど急に暑くなるのはちょっと困るかも(;´Д`)。まぁ寒いよりよっぽどマシですけどね~。


さて、本日は久しぶりに標本の展足をしました。
最近飼育と採集にかまけてサボっていたせいで未展足の標本がたまってるんですよね~(;´・ω・)


h


本日展足する虫たちです。
一カ月以上ほっといたので乾燥してしまっています(>_<)
これは軟化しないといけませんな~。


h


と言う訳で熱湯風呂です(笑)
ついでなので今日展足予定ではない本土ノコも入れておきました。
熱湯には中性洗剤を数滴入れてあります。これで虫の表面についている油分を除去できるかな~と思っています。

軟化が終わったら早速展足です。


h


・ヒラタクワガタ
・長崎県大村市
・♂ 2014年6月28日採集 WILD 65.6mm
・♀ 2013年5月16日羽化 F2   38.6mm


♂は去年採集したヒラタのナンバーワンだった個体で、♀は我が家のブリード個体出です。
このペアからとれた幼虫9匹は現在ほとんど羽化しています。冬場の温度が高かったせいで十分に成長しないまま羽化した個体も多いですが、一匹大きくなっていた幼虫が今蛹なので羽化が楽しみです(;^ω^)


h


・コクワガタ
・福岡県福岡市 F1
・2013年5月25日羽化
・51.1mm

このコクワは僕が羽化させた初めての50mmオーバーです。
こいつを蛹室から取り出してノギスをあてたときは嬉しかったなぁ。
今年こいつの子供が羽化するんですけど、ズボラ飼育をしてしまったのでサイズは期待できなさそう・・・(/ω\)


本日展足出来たのはこの三匹だけでした。思ってたより時間がなかったので(◎_◎;)
最初の写真に写っていたグランディスネブトと本土ノコの展足は近いうちやる・・・つもりです。


明日は採集に行きます!
狙っている虫はいますが、はたして採れるのか? こうご期待(^o^)/

にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ



リベンジ望む! いつの日か!!

皆さんどーも、くわがたケイスケです。


現在我が家には11種類のクワガタがいますが、今までに30種類以上のクワガタを飼育したことがあります。
その中にはいくつかもう一度飼育したいなぁ~と思うクワガタもいます。

その筆頭がこいつです↓


h

h


・ワラストンツヤクワガタ
・スマトラ ベンクール WILD

ツヤクワの中でもトップクラスに好きなのがこのワラストンです。僕の中でツヤクワランキング1位をインターメディアツヤと争っています(笑)。

発達した頭部、太く湾曲した大アゴ、オレンジとブラックのツートンカラーの上翅・・・
どれをとってもチョーカッコいいクワガタです(*´ω`*)

写真の個体は以前飼育していたもので、♂のサイズは74mmあります。
この時は何とか7匹幼虫をとることが出来たんですが、羽化まで持って行けたのは5♀のみ・・・。
それでも累代しようと思ってWILD♂を購入し、ペアリングを試みたんですが上手くいかず我が家からいなくなってしまいました(;_;)


それでも大好きなクワガタであることに変わりはないので、いつか再び飼育しようと思っています!
そのためにはペレンダールマンとインターメディアでもう少し修行して、ツヤクワレベルをUPする必要がありますね~。
少なくともインターメディアで苦戦しているようではワラストンはキビシーでしょうな(;´・ω・)


大歯で80mmオーバーのワラストンを育ててみたいもんです。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ



代打、マキシムスマルバネ
どうもこんばんわ。

今日は昨日届いたマットをケースやボトルに詰める・・・予定だったんですが、なんと急用が入って中止となってしまいました。
さらに用事をすませている最中に背中の筋肉を痛めるというおまけ付き。なんて日だっ!!


しかし虫をいじらずに一日を終えるのはいやだな・・・。
そうだ、我が家にはまだ展足していない標本がたくさんあるじゃぁないか!

と言う訳で急遽本日の主役になったのはこいつです↓


mr


・マキシムスマルバネクワガタ
・タイ ナン産 F2
・2014年8月23日 蛹室より自力脱出
・♂ 63mm


これまで数回このブログにも登場していたマキシムスマルバネです。
人生初のマルバネでしたが、実物はカッコいい虫でしたな~。


mr


・マキシムスマルバネクワガタ
・タイ ナン産 F2
・2014年6月23日 蛹室より自力脱出
・♀ 51mm

こちらは兄妹♀です。
パッと見ツヤクワ♀っぽいですが、よく見るとツヤクワより丸みを帯びていて可愛らしい感じです。初飼育にしては大きく育ったなぁ。


一般的にマルバネの中では飼育しやすい入門種とされているマキシムスですが、我が家ではなかなか上手くいってません・・・(ToT)
インターメディアツヤでつまづいてるようじゃあ飼育できない虫なのかもな~。国産マルバネなんか怖くて飼育出来やしないっす。


今日は大幅に予定が狂ってしまいましたが、明日こそはマットを詰めたいですな。
それでは今日はこの辺で~。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村






我が家の標本事情
皆さんどーもです。

今日は一日中雨でした・・・。気温は高いのでまだいいんですが、やっぱり晴れの方がいいですよねぇ。

気温が高いと温度管理が大変なんですよね。昨晩は室内で冬眠させてたオオクワのペアが動き回っていたのでゼリーを入れてあげました。
ホントは18~20度くらいで管理したいんですけど、勝手に室温が22度くらいまで上がったりするので困ります。特に低温でじっくり育てたいアスタコイデスノコギリが早期羽化してしまわないかハラハラしております。



そんな中本日はたまっている未展足の標本を展足しました~。

いつもみたいにただ展足した標本をUPするだけではつまらないので、今日は自己流の展足方法を紹介しようと思います。
なお、今回紹介する方法はあくまでも僕個人のやり方なので、真似する際には自己責任でお願いしますね。
まぁ素人のやり方なので、ベテランや玄人の方には笑われちゃいそうですけどw


hy


・コンフキウスノコギリクワガタ
・ミャンマー サガイン産 CBF1
・2014年3月羽化
・♂ 94mm

まずはモデルのコンフキウスノコギリ♂です。
先週交換した幼虫たちの親です。お嫁さんは産卵セットの中で☆になりボロボロになってしまったので標本にできませんでした(>_<)


最初に歯ブラシと筆で表面の汚れを落とします。筆は100均に売ってた化粧用のヤツを使ってます。これに限らず僕は標本作成に使う道具の多くを100均で買ってます。


hy

hy


次は虫に針を刺します。展足後に刺す人も多いみたいですが、僕は乾燥した標本に針を刺そうとして標本を壊してしまったことがある上に、展足の際に固定しやすいので展足前に刺してしまいます。

標本用の針は細くて折れやすいので、普通に刺そうとすると上手く刺さらなかったり折れたりしてしまいます。
なので僕はピンセットの柄を使って刺します。


hy


こうやって柄に挟んで刺すと上手くいきやすいです。それでも3回に一回くらいは針をダメにしてしまいます。


hy


真上から垂直に刺しましょう。これがなかなか上手くいきませんが、慣れれば出来るようになります。


次は標本を展足板に固定するわけですが、クワガタの腹部は丸みを帯びていて平面な板の上では上手く固定できません。
そこで展足板にくぼみをつけて固定しやすくします。使用するのは以下の三つ↓

・100均で売っている発泡スチロール板(展足板)
・同じく100均の除光液(酢酸エチル入りのもの)
・綿棒


hy


この除光液は以前にも紹介したものです。間違いなく酢酸エチル入りのものを使ってください。

綿棒に除光液を付けてスチロール板を虫の胴体くらいの長さ・幅になぞります。


hy


すると薬品と発泡スチロールが化学反応を起こして溶けていきます。


hy


こんな感じです。
ここで注意しないといけないのは、除光液の量が多すぎると発泡スチロールが溶けすぎて貫通してしまいます。
初めて使う人は少しづつ加減しながらやった方がいいでしょう。


くぼみが出来たら展足板に虫を固定していきます。


hy


あとは針で脚・アゴ・触角を整えていきます。全体のバランスを見ながら左右対称に整えていくわけですが、これが一番難しいです。
正直僕の技術は図鑑に載ってるような展足には程遠いです。
こればっかりは数をこなして上達していくしかないと思います。僕は細かいことを気にしないのである程度整えてしまうと満足してしまいます。趣味の世界の話なのでどこまでやるかは人それぞれといったところですかね。


それでは本日展足した標本をUPしていきましょ~↓


hy


モデルをしてもらったコンフキウスノコギリです。
大きい虫なので展足しやすいんですが、後足のフセツが一本無いのが悔やまれますね。
僕は天寿を全うしてから標本にすることが多いので、完品で残すのが難しいんです。


hy


・ブケットフタマタクワガタ
・ジャワ島 WILD
・♂ 74mm

去年の夏頃に購入していた人生初飼育のフタマタクワガタです。
残念ながら産卵には失敗してしまいましたが、カッコいい虫ですよね~。機会があったらまた飼育してみたいです。


hy


・ワラストンツヤクワガタ
・スマトラ ベンクール産 WILD
・♂ 73mm

こちらも去年購入していた虫です。やっぱり産卵には失敗しました。
この個体は中歯型ですね。今回は紹介しませんがこれより少し大きめの大歯型の標本も持ってます。
色・形ともに好きなクワガタなんですが、飼育にはクセがあるんですよねぇ。


hy


・ミヤマクワガタ
・佐賀県鹿島市 WILD
・2014年7月24日採集
・♂ 68.3mm ♀ 40.8mm

自己採集品のミヤマクワガタペアです。
70mmには及びませんでしたが、このくらいのサイズになると迫力があって良いですね~。
発生初期の個体だったらしく表面の体毛がほとんど抜け落ちておらず美しいです。
今年はこれを超える個体を捕まえたいですなぁ。


とまあこんな感じで標本を作ってます。
まだまだ展足しないといけない虫はたくさんいるので、これからもボチボチ展足しては時折UPしていきますね。











にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村