アクセスカウンター

プロフィール

くわがたケイスケ

Author:くわがたケイスケ
クワガタ大好き人間♂です!
九州は長崎でひっそりと飼育しています。
最近はカブト飼育も再開しました。

特撮とジョジョも好きなのでオタクでもあります。

温かい目でご覧になってください。


※リンクフリーです。コメントもお待ちしております。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
1378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
昆虫
17位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


クワガタenjoy 飼育

breeding room

オオクワ飼育ラボ - 貴吉おやじ編 -

フリーエリア

オタクなクワカブ戦記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年越しの真実

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

去年の9月に苦労の末9匹の幼虫を得ることができ、大切に育てて4月頃から羽化し始めていたマンディブラリスですが、一番最初に羽化した♂の蛹室が著しく劣化していたので本日取り出してみたところ・・・


pr

pr


おや? マンディにしてはアゴが短くて湾曲してるし妙に背中が赤いなぁ? ひょっとして新種~??

ってそんな訳ないですよね(笑)
ということでマンディだと思って育てていたのは実はパリーフタマタでした。

スマトラに生息しているフタマタクワガタ3種(マンディブラリス、リノケロス、パリー)は♂の形状はそれぞれ全く異なるのに対し、♀は非常に似通っていてプロでも見分けが困難のようです。確かに僕も図鑑等で何度見ても♀の違いはいまだにわかりません(;´Д`)

なので今回は購入元の判別ミスということになるんでしょうが、全く責めるつもりはないです。こういうこともありますよね。

思わぬ形で飼育することになったパリーフタマタですが、実はパリーを飼育するのはこれが初めてです。正直フタマタの中ではそんなに好きでは無い方だったんですが、実物は結構カッコイイですね。そう感じるのは1年近く自分で育ててきたからかもしれません(笑)

ちなみにこの♂のサイズは79mm。WILDであれば1ペア1000円ちょっとで買えますね。この♂は幼虫時兄弟の中で一番小さかった子なので、他の♂は85mmくらいいけそうな気がします。一番大きかった38gの♂がどこまで伸びるか楽しみです(^^♪


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

スポンサーサイト
マンディの季節

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

最近インドネシアからマンディブラリスやリノケロス、パリーといった大型フタマタのWILDが入ってくるようになりましたね~。
そんな中我が家のマンディたちも蛹化・羽化ラッシュに突入し始めました。


md


こちらは以前紹介した♂の前蛹が蛹になったものです。12月の交換時に19gほどでその後いくらかは成長していたようですが、見た感じ90mmいくかいかないか微妙なサイズですね。
でもフタマタ属の♂蛹を見るのは初めてなのでテンション上がります(^^♪


そして♀の方は羽化してきています↓


md


聞いた話によると、大型フタマタは羽化後の休眠期間が長く半年は寝るらしいです。と言うことはこの♀が活動を始めるのは大体10~11月ごろのはず。時期が合えばWILD♂を購入して掛け合わせようと思っていたんですが、その頃にはもうシーズンが終わってそう・・・。幸い今日紹介した♂が1か月ほどのズレですんでくれたので無問題なんですけどね~(・∀・)

早くマンディの新成虫たちと触れあいたいなぁ。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

セカンドコウカーン、マンディブラリス

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

本日は前回の交換より4カ月経過したマンディブラリス♂幼虫4匹の交換を実施しました~。


md

md

md

md


・マンディブラリスフタマタクワガタ
・スマトラ ジャンビ WF1

どの幼虫も前回から体重UPしてました\(^o^)/。特に前回9gだった幼虫が一番大きい38gまで育ってたのが嬉しかったですね(^^♪
調べてみたところマンディやリノケロスは30gを越えたあたりから期待できるようなので、上手くいけば100mmオーバーも夢じゃないかも?

この4匹以外にも♂幼虫はあと2匹いるんですが、そちらは前蛹になってました↓


md


幼虫の体重や蛹室のサイズから察するにあまり大きくはなさそうです。90mmいけば御の字かなぁ~。
しかしこの♂たちは現在蛹の♀たちと羽化ズレが2カ月ほどですみそうなのでその点では助かりました(´▽`)


今回交換した幼虫たちもかなり黄色味をおびているので近いうちに蛹室を作り出すでしょう。早く成虫の姿を見たいですな(;^ω^)


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

近づく誕生

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

前回の交換から4カ月近く経過したマンディブラリスフタマタの幼虫たちですが、♀が蛹化ラッシュに突入しています↓


md


♀は3匹いる内2匹が写真のように見える位置に蛹室を作ってくれて、残りの1匹はボトルの内側に蛹室を作っているらしく様子がわかりません。

そして♂たちは幼虫真っ最中なので羽化ズレ確定ですね。でもマンディはWILDがたくさん入ってくるから心配ありません。夏頃にお婿さんをGETしよ(*´з`)

近々♂幼虫たちも交換してあげないといけないなぁ。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

ファーストコウカーン、マンディブラリス!

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

実は昨日からブログのカテゴリの整理を始めました。前々からやりたかったんですがやり方がわからなかったんですよね。でもいざやってみたら結構簡単でした(;・∀・)
最近は飼育種も増えてきたのでもっと見やすくわかりやすいカテゴリにしないといけませんな。


さて、本日の主役はマンディブラリスWF1幼虫です。
1本目に投入したのは2カ月ほど前で交換にはベストなタイミングかなぁと。
フタマタ属の幼虫飼育は初めてなのでもちろん交換も初めて。どんな感じか楽しみだ~(≧▽≦)


md


フタマタ飼育経験者はご存知(?)のフタマタ空間もお初です。ツヤクワほどではありませんが結構しっかりしたトンネルを作ってました。
まずは♂から交換します。


md2

md2

md2



6♂の内一番大きかった26gでしたが、それ以外は19~9gくらいで3令初期でした。
最大で120mm前後になる虫なのでまだまだ大きくなるはず。ここからが本番ですね~(*'ω'*)


お次は♀幼虫。♂が6匹に対して♀は3匹とちょっと偏りました。4♂5♀だったらベストだったんですけどねぇ(;´Д`)


md

md


こちらは9.5g~15gでしたが、ビー〇ワの♀ギネスによればパリーフタマタ♀は17gで55mmだったらしいので15gの幼虫はイイ感じかも(゚∀゚)


今までは雌雄ともに22~25℃で管理していましたが、交換後は♀を18~20℃で管理することにしました。あんまり早く羽化してもらっても困るんで。
でも期待できそうな♂は温度下げてじっくり育てようかなぁ。マンディはシーズンになればWILDがたくさん出まわるので羽化ズレはそこまで気にしなくて良さそうですし。


ともかく初めてのフタマタ飼育は新鮮で楽しいです(^^♪
次の交換も楽しみですな!



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。