アクセスカウンター

プロフィール

くわがたケイスケ

Author:くわがたケイスケ
クワガタ大好き人間♂です!
九州は長崎でひっそりと飼育しています。
最近はカブト飼育も再開しました。

特撮とジョジョも好きなのでオタクでもあります。

温かい目でご覧になってください。


※リンクフリーです。コメントもお待ちしております。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
2392位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
昆虫
47位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


クワガタenjoy 飼育

breeding room

オオクワ飼育ラボ - 貴吉おやじ編 -

フリーエリア

オタクなクワカブ戦記
サバイバー×6

最近はノコギリやヒラタ、ツヤクワを中心に記事をUPしていましたが、今日は久しぶりにマキシムスマルバネの世話をしました~。


前回マルバネに関する記事を書いたのは去年の11月11日だったのでだいぶ間が空いてしまいました(◎_◎;)


mm



割り出した卵・幼虫をそのまま産卵セットに埋め戻し、ある程度成長するまで放置していたのです。
あれから4カ月以上たったし、もうそろそろ3令になってるかと思って本日ケースをひっくり返してみました~。


mm

mm


こんな風にマットのかたまりを崩すとすぐに幼虫が出てきたので、順調かな~と思っていたら・・・


mm


生き残っていたのは6匹だけ(*_*) しかも全部まだ2令。
割り出したときは卵・幼虫合わせて20匹くらいいたのに約三分の一になってしまいました~(;_;)


出来るだけ18度前後をキープしていたつもりなんですが、やっぱり放置はいけないってことですね。
色々な飼育記録を読んでると「マキシムスは丈夫で簡単」みたいなことが書いてあったのでタカをくくってしまいました。
マルバネは繊細な虫でしたぁ~(;´・ω・)

生き残った幼虫たちは3令になるまではカップで飼育して、加齢したら大きめのボトルに移し替える予定です。
とにかく無事に羽化まで育てられるように頑張りますか。



しかしマキシムスマルバネでこの調子なんだから国産マルバネは怖くて飼育できませんね。
自分の実力不足を痛感しますなぁ~。

にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ





スポンサーサイト
帰ってきたМ ~サバイブ~


え~、撤退宣言したマキシムスマルバネについて報告があります。

昨日の記事では2♀セットして卵、幼虫ともに0だったと書いていましたが、実は二つのセットの内一つは割り出しをしていませんでした。何故かというとそのセットは割り出してボウズだったセットよりマットの状態が良くなかったし、表面からでは♀が潜った形跡がなかったからです。♀もとっくの昔に死んでいたしこれは絶対だめだろうなぁと思い込んでいました。

そういう訳で今日はセットを解体しマットを捨ててケースを洗おうとしました。マットをタライにあけてほぐしていたところ・・・


mm1


あれ~? 卵があるぅ~!!
さらによく見ると・・・

mm2


え~!! 幼虫もいるぅ~!!

最終的に卵約10個、1令幼虫13匹を確認。
まさかまさかですよ。嬉しい誤算とはこのことですね!
撤退するつもりでしたが、幼虫がとれたのなら話は別です。ちゃんと飼育します(^^♪

確認できた卵&幼虫ですが、観察用にそれぞれ3つずつプリンカップに入れた以外は全てもとのセットに埋め戻しました。
マルバネの1,2令幼虫は繊細で☆になりやすいのである程度成長するまで集団飼育したいからです。2~3か月後に様子を見て小分けしたいと思っています。

卵と幼虫合わせて20匹ほど確保できましたが正直不安です。一番虚弱な卵~1令の時期に割り出してしまったので、今後どれ程生き延びるかわかりません。この子供たちの親は幼虫で購入しましたが、10匹入手して無事に羽化したのは3匹だけでした。

出来ればギネスを狙いたいですが、無事に羽化までたどり着いてくれれば御の字です。安全第一で飼育します。




Mにさよなら(ToT)/

今日はなんかだるい。まあ大体いつもダルいいんですが。ボーっとしていたいけどそうもいかない。月曜日はクワガタの成虫にエサをやる日なんです。でも数が多いからたいへんなんだよな~。ゼリー代節約&手間を省くために国産クワガタたちにはもう冬眠してもらいたいっす。

エサ交換もそこそこに、9月下旬ごろに産卵セットに入れていたマキシムスマルバネの様子を確認してみました。2♀セットしていたんですが、卵も幼虫も0で♀は☆になってました。やっぱりマルバネは難しいなぁ。僕は基本めんどくさがりなんで繊細な虫は苦手です。

♂は健在でゼリーにかぶりついてます。この婿殿には静かな余生を送ってもらいます。
虫自体はカッコ可愛いグットな姿かたちなので飼育が簡単だったら超人気種になれるんだろうけどなぁ。

ヒラタやノコギリに集中するために今後マルバネ系を飼育することはおそらくないでしょう。でも好きな虫であることに変わりはありません。ありがとマキシムスマルバネクワガタ! アディオス!



イエス、フォーリンラブ

昨日予告していた通りマキシムスマルバネのペアリングをしました。

maribane

こんな感じで♂♀を同じケースに入れるとものの数分で・・・


maru

maru2

一つになってくれました(笑) 性欲強えーなぁ。寿命が短い種は必死に子孫を残そうとするんですな。納得。

♂が♀を攻撃するそぶりはなかったのでそのまま90分くらいそっとしておきました。


とりあえず♀には2~3日ゼリーを食べてもらってから産卵セットに入ってもらおうかと思っております。


紹介!!俺のマキシムスマルバネ

飼育種紹介第三弾は~↓

marubane


マキシムスマルバネクワガタ
タイ ナン産 F2 64ミリ

アゴの右側の物体はただのミズゴケですW
クワガタ好きとして一度はマルバネクワガタを飼育してみたかったんですよね。

マルバネの中では飼育が簡単と聞いていたので、去年2令幼虫を10匹入手していました。
しかしさすがはマルバネ、無事に羽化したのは1♂2♀だけでした(爆)

でもまぁ思っていたより早く羽化してくれたしペア+♀になったからいっかー。


♂♀共にバリバリ後食しているので来週中には交尾→産卵セットへ投入する予定です(^^♪
上手くブリード出来たらいいなぁ