アクセスカウンター

プロフィール

くわがたケイスケ

Author:くわがたケイスケ
クワガタ大好き人間♂です!
九州は長崎でひっそりと飼育しています。
最近はカブト飼育も再開しました。

特撮とジョジョも好きなのでオタクでもあります。

温かい目でご覧になってください。


※リンクフリーです。コメントもお待ちしております。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
2624位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
昆虫
54位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


クワガタenjoy 飼育

breeding room

オオクワ飼育ラボ - 貴吉おやじ編 -

フリーエリア

オタクなクワカブ戦記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンフキウスノコギリ、一本目~
こんばんわー。くわがたケイスケです。
今日の夕方、晩ご飯を作っていたら突然停電しました。僕の住んでる町は災害が起こりにくい街なので、停電もものすごく久しぶりの出来事でした。10分程度で復旧したんですが、家族がすごく冷静ですぐさま一人一本懐中電灯を用意していました。なんか頼もしいなぁ(笑) 僕は僕でライトの明かりで晩ご飯を作り続けたわけですが。

さて、今日は10月2日に割り出していたコンフキウスノコギリ(ミャンマー・サガイン F2)の幼虫14匹を一本目のボトルに投入しました。

まずは幼虫をカップから取り出して状態を確認↓


c3


特に問題はなさそうです。14匹の内ほとんどは2令後期くらいでしたが、2~3匹は1令でした。すぐさまボトルへ投入します↓


c4


今回使用するマットはDDAのモンスターマットです。水分は多めでマット10LあたりにつきFe3+を30回ほど吹きかけました。結構軽く詰め込んでます。僕は種類問わず一本目は軽詰めにします。その方が非力な1,2令幼虫に優しい感じがするからです。ボトルは見ての通り800ccプラボトルです。

DDAのモンスターは生オガ使用のマットで、以前使用した際にかなり持ちが良かったので選びました。
じっくり育てたいのでしばらくは常温(18~22度前後)で管理します。

次の交換は3,4か月後を予定していますが楽しみですね~(^^♪


スポンサーサイト
赤いと3倍のはず

どうもこんばんわー。今日の朝は寒かったですね~。虫部屋は20度まで下がってました。来年ブリード予定の国産クワガタたちはそろそろ冬眠の準備をせねばなりません。

昨日今日と本土ヒラタとコンフキウスノコギリの交換用のボトルにマットを詰めていたんですが、容量のでかいボトルに固く詰めていくので疲れます。二日で30本ちょっとしか詰めれてません。明日もやります。

詰め作業だけだと気が滅入るので、虫部屋でスマトラヒラタとゼリー交換がてら触れ合っているとあることに気づきました↓


sa1


82mmくらいのベンクールのスマトラヒラタなんですが、後翅が赤っぽくありませんか? もうちょっと寄るとこんなんです↓


sa3


羽化して4カ月ほど経っているのでいるので完全に固まってるはずです。以前から数回にわたって紹介しているスマトラヒラタとは兄弟なんですが、赤いのはこいつだけです。
こいつはブリードの種親にする予定なので遺伝するかどうか気になりますね。多分単なる個体変異だと思うので遺伝しない可能性が高いんですが、別にそれでもかまいません。色よりデカいサイズのほうが重要ですんで。

明日はボトル詰め以外になにをしようかな~?


本土ノコギリ割り出し~
どうもこんばんわー。昼間にやってたニュースによると、今年の冬は暖冬傾向だそうです。夏は冷夏だったし飼育中心の僕にとっては電気代があまりかからなくて助かります。でも冷夏や暖冬だと得をする人より損をする人が多いみたいです。やっぱり季節通り夏は暑く、冬は寒いが一番いいのかもしれませんね。確かに鍋は寒いほうが美味いですしね~。

さて、今日はタイトル通り本土ノコの割り出しをしました。
今回割り出したのは10月2日の記事で書いた佐賀産ノコギリの兄弟にあたり、コバエが発生していなっかたので♀を取り出した後そのままにしていました。まずはケースをひっくり返します↓


nw1


写真からでは分かりませんが、すでに幼虫が見え隠れしています。慎重に掘り進めていくと元気な幼虫が出てきました↓


nw2


一応材も入れていたんですが、細くて固い材だったので幼虫はいませんでした。でもこの材はもともとマットの節約のために足場もかねて入れていただけなので予想は出来ていました。

nw3


マットからは8匹の二令幼虫が確保できました。マットの水分が少し少なかったせいか成長がやや遅れている感じですがまぁ大丈夫でしょ。
割り出しも終わったしさあ片付けようとしていたら、マットの中でうごめく幼虫を一匹発見。危うく庭にぶちまけるところでした(;´・ω・)
今回とれた幼虫9匹と前回の分11匹を合わせて全20匹を確保することが出来ました。幼虫を投入するボトルは準備済みなので、数日様子を見て幼虫に問題がなければ入れる予定です。狙うところはやっぱりギネスでしょ~。

明日はまたマット詰めが待っています。忙しいけど楽しみだなぁ(´▽`)




ここからいかにでかくするか?
どうもこんばんわ。今日はとくにクワガタをいじる予定ではなかったんですが、羽化してからそのままにしていた最後のスマトラヒラタが蛹室から這い出てきていたので取り出しました。


h3


スマトラヒラタ
スマトラ・ベンクール WF1 86mm
2014年8月6日羽化 幼虫時最大体重44.0g


以前アップしたやつとほぼ同じサイズ、というか全4♂中3匹が86mm前後(1匹だけ82mmくらい)。兄弟だからスタイルが似るのはわかるけどサイズまで似てくるとは。ちなみに兄弟全員マット飼育で育てました。

やはり90mmオーバーするには幼虫時に50g以上、100mm狙うには最低でも60gくらいは必要ということですな。次世代ではエサや交換のタイミング、温度を見直して大型を狙います! まずは95mm以上を当たり前のようにポンポン出せるようにならなきゃ100mmなんて夢のまた夢ですから。

別アングルの写真もあるのでのっけときます↓

h2


h4


何だかんだ言ってもカッコいいですね。内歯上がりサイコーです(^^♪



本土ヒラタ交換その2

どうもこんにちは。
昨日の午後はカブトマットをボトル40本に詰めました。ダールマンツヤに使うやつなんで軽く押し込む程度の詰め方なんですが、数が多いとやっぱり時間はかかってしまうんですな。

そのあと本土ヒラタの菌糸ビンを見てみたら、二本ほど頃合いだったんで交換しました。前回の交換分とは兄弟で1♂1♀のどちらも一本目は600cc使用です。
まずは♂から交換です。↓

h1


ん~、前回よりは大きいけどまだまだですわ。ここからの伸びを期待してAG1100ppに投入。
続いては♀です↓

h2


光の加減で見えづらいですが7gあります。まあまあかな? 派手に暴れてダイエットしなければ38~40mmくらいになる予想。
この子はAG650ppに投入。このまま羽化までもっていくつもりです。

まだ交換を控えている本土ヒラタの幼虫は菌糸ビン組で7♂8♀います。1♀が早期羽化しているんですが多分ちっちゃいです。
マット飼育組も含めて今季の本土ヒラタの目標は♂で70mmオーバー、♀は42mmオーバーですがはたしてどうなることやら?
来週も割り出しやら交換やらで忙しくなりそうです。


半分はでけたよー

おはようございます。くわがたケイスケです。
昨日ブログを書くつもりだったんですが、すっかり忘れて寝てしまいました。まぁ僕は基本午前中にブログを書くことが多いんで、記事の内容は前の日の出来事がほとんどになると思います。


さて、昨日は午後から再びマットのボトル詰めをしました。前の日は時間が足りなくて15本くらいしか詰めれなかったんですが、今回は時間がたっぷりあったんで一気に35本ほど詰めました。
でもまだ前半戦が終わったくらいです。ボトルやビンに詰めなきゃならないマットが大量にあります(*_*)
しばらくは戦いが続きそうですな。

前回同様、これだけでは内容的に寂しいので今週の月曜日の出来事を紹介します。
10月9日に割り出していたペレンダールマンの幼虫の内、劣化していたセットからとれていた幼虫を入れていたプリンカップからおびただしい数のコバエが発生。しかたがないのでマットを全交換するしかありません。まずは幼虫を取り出してカップの洗浄です。


ped1


ほとんどの幼虫はこんな感じで大丈夫だったんですが、5匹ほど☆になっていました。
続いて洗浄したカップに幼虫を入れて新しいマットを入れていきます。幸い手元にカブトマットが3Lくらいあったのでなんとかこと足りました。交換してから数日たちましたが、今のところ落ちた幼虫は確認していません。

今日も午後から作業だらけです。大変ですががんばりまーす。


今日では終わらぬボトル詰め

こんばんわ。くわがたケイスケです。

本日の作業は、昨日やり残していたボトルのフタを洗うところからスタートです。
本体に比べるとフタは洗いやすいので、80個ありましたが30分ちょっとで洗い終わりました。念のために本体同様エタノールで消毒もしときました。

そうこうしてると注文していたマット50Lが届いたので開封です↓


m1


10L×5ではなく50Lまとめて入ってました。
さっそくボトルに詰めようとしたんですが、時間が足りなくなったのと加水用のミネラルウォーターが3Lしかないことに気付いたので、15本しか詰めれませんでした。


m2


ガス抜きのために一週間ほどは幼虫を入れません。
明日は明日でまたマットが大量に届くんで、引き続きシコシコボトルに詰めます。今週中には詰め終わりたいなぁ。
ちなみに、使用しているマットの種類や水分量、詰め方などは幼虫を投入するときに報告する予定です。


これだけでは寂しいブログになってしまうなぁ~と思っていたら、二カ月ほど前に羽化していたスマトラヒラタが自力脱出しているのを発見しました。


sm3


sm2



スマトラオオヒラタ
スマトラ島ベンクール州 WF1 86mm


自力脱出なんで、エサを与えたらすぐに食べ始めました。
幼虫時の最大体重は45.5gで羽化までの期間は約8か月でした。
大きさはイマイチですがカッコいいですね~。やっぱり僕は内歯上がりが好きっすね。

それじゃあ今日はこの辺で。


過酷なボトル洗浄

こんばんは。くわがたケイスケです。
本日二回目の投稿です。

午後からはボトルの洗浄をしてました。
以前阿古谷オオクワ園から購入していた800ccプラボトルなんですが、傷・汚れ有の中古品80本で大体2000円くらいと激安でした。
しかしかなり汚れているうえに数も多いので洗うのが大変でした↓

p


水を入れて30分くらい置いてから洗ったんですが、汚れが頑固で100%落としきるのは無理でした。
まぁこの80本は全てマット飼育に使うので細かい汚れは気にしません。洗った後エタノールで消毒したし大丈夫(のはず)。

予定では今日中に蓋まで洗うつもりだったんですが、ボトル本体に時間をとられすぎて日没サスペンデッドとなりました。
とりあえず水につけておいて明日洗おー。

明日は本土ヒラタ&ノコやコンフキウスノコギリ、アスタコイデスの幼虫飼育用のマットが届くんで楽しい楽しいボトル詰めが待っています。今日は早く寝て鋭気を養います。
それではみなさん、おやすみなさーい(^^)/

祝! ビークワ飼育ギネス獲得

どうも。くわがたケイスケです。

遅ればせながら、重大なお知らせがあります。
この度、第14回ビークワクワガタ飼育ギネスコンテストにおいて2種類の飼育ギネスを獲得することができました(/・ω・)/

ギネス認定されたのはこの2匹↓


pereg


ダールマンツヤクワガタ(セレベンシス)
ペレン島 WF1 90.0mm


minng


ミンダナオネブト
ミンダナオ島 F2 32.8mm


ダールマンツヤは以前の記事で88mmの個体を紹介した時に「これより大きいやつがいる」と書いていたんですが、それがこいつです。マイナー種ですが初飼育でいきなり飼育ギネスが出たので、そうとう驚いたし嬉しかったです。
総合評価は☆4で思っていたよりは高かったんですが、ギネスカードにはあと一歩およびませんでした。
手元にいるCBF1幼虫約50匹で自分の記録更新を狙います!

ミンダナオネブトはこのブログではまだ紹介していなかったですね。密かに飼育していたんですが、累代に失敗してF3をとることが出来ませんでした(ToT)
サイズ自体もたいして大きくないし、飼育ギネスをとれたのも単に他に誰も応募していなかったからだと思います。
でも結構好きな種類なんで機会があればまた飼育ギネス狙いで飼育したいですね。


クワガタ飼育を始めて13年ほどたちますが、初めて人に誇れるような結果を出すことが出来ました。
しかし、この結果に満足せずに、これからもっと飼育ギネスを捕れるように精進していきます。
当分の目標は☆4.5以上で貰えるギネスカード。
最終目標は飼育ギネス大賞です!! かなり無謀だけど夢はでっかく持つぞー!




本土ヒラタ交換その1

どうもこんにちは。昨日の事となりますが、2匹の本土ヒラタ幼虫のエサ交換をしました。

この幼虫のデータは
・長崎県大村市産 F3
・種親 ♂65.5mm×♀39.5mm
・7月4日割り出し(1,2令)
・8月1日広口600ガラス菌糸ビン(手詰め)に投入

使用した菌床はKBファーム製ブナ菌床微粒子です。同じタイミングで800ccプラボトルに入れている幼虫たちはまだ食い上げていませんが、広口600で育っている♂幼虫は頃合いっぽいです。

1

こんな感じに食い上がってきてます。広口600の♂は3匹いますが1匹はもうちょっと大丈夫そうなんで今回はスルー。
それではまず1匹目↓


2

う~ん、イマイチですな。
続いて2匹目↓

3

こいつも今一つ。20gいっててほしかったけど二か月ちょっとでは無理だったかなぁ。二本目で伸びてくれることを期待します。
二本目に使用したのは同じくKBファームのAG1100です。これで2月上旬くらいまで引っ張る予定です。

4


今月から来月にかけてはビン交換やら1本目の準備やらでやることいっぱいです。
今週中に本土ノコやヒラタの割り出しとマットの注文をしなきゃならぬー。



    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。