アクセスカウンター

プロフィール

くわがたケイスケ

Author:くわがたケイスケ
クワガタ大好き人間♂です!
九州は長崎でひっそりと飼育しています。
最近はカブト飼育も再開しました。

特撮とジョジョも好きなのでオタクでもあります。

温かい目でご覧になってください。


※リンクフリーです。コメントもお待ちしております。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
2624位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
昆虫
54位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


クワガタenjoy 飼育

breeding room

オオクワ飼育ラボ - 貴吉おやじ編 -

フリーエリア

オタクなクワカブ戦記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び割り出せ、ダナンコンフキ

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

今日はダナン産コンフキウスのセット(2回目)を割り出ししました。


cf

cf

cf


今回も無事19匹の幼虫を確保~(∩´∀`)∩
1回目のセットではやや堅めの材から出てくることが多かったんですが、2回目ともなると♀も疲れていたのかマットの方に多くいました。

ちなみに親♀ですが、セットから取り出して半月ほどたったころ☆になりました。幸いにもちょっとスレがある以外完品状態で亡くなっていたので、キチンとした標本として残せそうです(*'ω'*)


いつもなら割り出してから少しの間プリンカップで管理することが多いんですが、今回は用意していた菌糸ビンに10匹の幼虫を即投入しました↓


cf


使用するのは恵栽園のタダノヒラタケ1100cc。ここの菌糸は有名ですが、僕は初めて使います。今までコンフキウスはマットでばかり育てていましたが、菌糸でどれくらい大きくなるか試してみます。近縁種のギラファと食性も似ているならば大きくなってくれるはずですがどうなることやら。


とにかく我がノコギリ帝国の王様なので、ますます頑張っていきまーす(^^)/



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ
スポンサーサイト
カメルーンのかほり

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

今日は昼間外出していたので特に虫の世話はしていません。こんな日はまだ披露していない虫を紹介するにかぎりますね(゚∀゚)

本日の主役はムシきんぐさんとのトレードで我が家にやってきたこいつだ!


hm

hm


・ホルニマンヒラズカナブン
・カメルーン CB
・2015年10月下旬~11月上旬 羽化
・1♂2♀

超久々の飼育となる外国産カナブンでした~。
ブンブンには前々から興味があったんですが、飼育スペースの問題からなかなか手を出せずにいました。その点ホルニマンは日本のカナブンよりちょっと大きい程度で飼育も容易らしいので無理なく飼育できそうです(*^^)v

小型種でありながら色も綺麗ですし、何より♂には角があります! これがあるのとないのでは雲泥の差ですからね(笑)

あと一番ビックリしたのはニオイ。ニオイのある虫だとは聞いていましたが、想像以上に強烈でした(;゚Д゚)
なのでホルニマンのケースを入れてある温室はほんのりホルニマンのかほりがします(笑)。きっとこのかほりのおかげで広いアフリカでも雌雄が巡り合えるんでしょうなぁ。


♂による♀殺しがないとのことだったので、しばらくは3匹とも同居させていたんですが、観察していると♂がしょっちゅう♀と交尾しようと追い掛け回っていました。このままだと♀が疲れ果ててしまいそうだっとので、現在は別居させています。説教的過ぎるのも困りものですね┐(´∀`)┌


エサ食いも良いですし、今月中にもセットしてみようと思います。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

久留米オオをコウカーン1128

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

本日は久々のオオクワネタです。8月21日に1本目のボトルへ投入していた幼虫の交換をしました。

まずは♂12匹から↓


oo

oo

oo


大体22~23g前後で、1匹だけ29gと飛びぬけて大きかったです(*^-^*)
ちょっと気がかりなのは、3枚目の写真のように20gを切る幼虫が2匹いたこと。兄弟間で最大11gも差が出るとは・・・。でもまだ1本目ですし、ここからもう少し伸びてくれるでしょう。


お次は♀8匹。本当は9匹いるので全て交換したかったんですが、僕も注文ミスで1本足りないことに今日気づきました・・・(/ω\)


oo

oo


♀も10~11gでまとまっていたんですが1匹が14gもあり、何気に自己ベストです\(^o^)/
今年は最大体重12gほどで50mmの♀が羽化したので、この調子なら53mmくらいイケるかも。期待が膨らみますな(≧▽≦)


ちなみに今期オオクワに使っている菌糸ビンは、昨日のものほどではありませんが結構安いやつです。我が家はノコギリメインなのでオオクワにあまりお金をかけることが出来ないんですよね。それでもちゃんと成長しているのでよかったよかった(;^ω^)


今後は18~20℃くらいで管理して、次の交換は来年2月下旬ごろの予定。今度こそ♂の30gが見たいなぁ。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ
実験×テスト

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。
長崎県でも一昨日あたりから急に気温が下がってきました。東北や北海道に比べたらたいしたことは無いんですが、やっぱり寒く感じますね。温室も稼働させたので、本格的な冬の訪れを実感する今日この頃です。


さて、突然ですが皆さんはどんな菌糸ビンを使っていますか?
色々なメーカーから数多くの菌糸ビンや菌床ブロックが販売されていますが、中には「安さ」を売りにしているものもあります。そういうのって安い代わりに質が悪いんじゃないかという心配が付きものですが、僕は結構興味がありました。

と言う訳で、実際にオークションで格安菌糸ビンを落札してみました~(゚∀゚)


nk


今回購入した菌糸ビン(850cc)は送料込みで20本2500円。1本あたり125円ですから相場の半分~三分の一くらいの価格ですね。


nk

nk


使用しているプラボトルはクワガタ専用の物ではなく、おそらくキノコ栽培に使われているものだと思います。これも安さの一因でしょうね。
説明文によれば「クヌギオガのヒラタケ菌糸」だそうです。上部を掘ってみると結構乾燥しているように感じます。ヒラタケ菌に合わせた水分量なのかもしれません。


ここまで菌糸ビンの紹介をしてきましたが、一番肝心なのはこれを食べる幼虫です(笑)。
今回の格安菌糸ビンの実験飼育に付き合ってもらうことにしたのは・・・↓


nk

nk


・ノコギリクワガタ
・佐賀県鹿島市 WF2
・種親 ♂66.4mm×♀36.3mm

今年我が家でたくさん誕生してくれた本土ノコでした~。

実はこの幼虫たちもある実験の結果で産まれた子供たちです。両親は今年の6~7月に羽化し、8月上旬には後食を開始していました。この様に休眠期間が極端に短くても後食さえしていれば本土ノコはちゃんと交尾・産卵が出来るのか気になって、9月上旬からペアリング~セットしてみました。
結果は普通に産卵し、幼虫も順調に生育しています。どうやら休眠期間が短くてもちゃんと起きて後食していればいつでも交尾・産卵は出来るようですね。

割り出したのは今日で、「菌糸ビンは20本買ったけど、実際にはビンがちょっと足りないか、幼虫があまるかするだろうなぁ。」と思っていたところ、フタを開けてみれば出てきた幼虫の数はピッタリ20匹! まさにこの菌糸ビンで育つために生まれてきたかのようですな(*'ω'*)

幼虫たちはすぐさま菌糸ビンに投入しました。様子を見ながら来年の2月か3月に交換してみる予定です。

まぁ正直不安もかなりあるんですが、1本125円の菌糸ビンがどれ程の性能なのか見極めてみることにしましょう。菌糸の性能なんて、使い方や飼育環境によって合う合わないがあるので、実際に使ってみるまでは良し悪しなんてわかりませんから。

「百聞は一見に如かず」の「一見」をしてみまーす(・ω・)ノ




にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ
最後にして最小
どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。


今日は先月20日に羽化していたマレーシア産アスタコイデス♂をボトルから取り出しました。
兄弟たちが軒並み60mmを超えていましたし、一番最後に羽化した個体だったので結構期待していたんですが・・・↓


as

as


・アスタコイデスノコギリ
・マレーシア キャメロンハイランド産 F2
・種親:♂61mm×♀31mm
・2014年12月3日割り出し
・12月19日 マットを詰めた800ccボトルへ投入。
・2015年10月20日 羽化
・♂ 59mm

まさかの60未満。しかもあまりカッコよくない(;´Д`)
これにはちょっとガッカリですね。結局今期も70mmには届かず。でも自己記録の66mmも出せまたし、アスタコの好むエサや温度もわかってきました。

そして既に次の世代も生まれてきています。


as


ケースの外から10匹近く確認できているので安心できますね(*^-^*)
このセットは来週あたりに割り出す予定です。20匹くらいはとれてほしいなぁ。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ
どんなエサでもドンと来い!

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

中ケースで2~3匹づつ飼育しているカブトの二軍幼虫たちですが、多頭飼育しているのでエサの消費も早いです。たっぷりマットを与えていても1か月ほどしか持ちません。
なので本日はエサを交換してあげました。


kb


今回は産卵セットの割カス中心のメニューです。マンディブラリスの産卵に使っていたんですが、全く産んでくれなかったので放置していました(;・∀・)
こんなエサでも文句を言わずにバクバク食べて大きくなってくれるんですから国産カブトはホントに優等生ですな(笑)。


kb


実際に与える時にはある程度細かくしてマットに混ぜこみました。
11月に入っても暖かい日が続いていたのでまだ成長しているようですが、前回と比べると明らかに黄色味が増していますね。ここから大幅に体重が増えることは無いでしょうから、ダイエットさせないようにしないといけませんな('ω')


しかしカブト幼虫たちのおかげでほんとマットが無駄にならなくて良いです。おまけに大きくなってくれているのでまさに一石二鳥。国産カブトは飼育者なら一家に10匹くらい必須かもしれません(笑)



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ
沖縄のハサマー

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

今日は先日虫友であり同じ九州人でもあるムシきんぐさんとのトレードで頂いた虫たちの内、1種を紹介したいと思います(・ω・)ノ


on


・オキナワノコギリクワガタ
・沖縄本島 F6
・2015年7月3日 割り出し
・幼虫×4

我が家で9種目のノコギリとなるオキノコでした~ヽ(^o^)丿
リュウキュウ系ノコギリではアマミノコやトカラノコを飼育したことがありますが、オキノコはお初です。と言うか成虫の実物を見たこともないので早く成虫の姿がみたいなぁ(*´з`)

取りあえず早くボトルに移し替えてあげないといけませんね。マット詰めしなきゃ。

ちなみに本日のタイトルにある「ハサマー」とは沖縄の方言で「クワガタ」という意味です。いわゆるローカルネームですが、あまり人里で見かけないオキナワカブトには独自の呼び方がないそうです。虫好きとしてはちょっと寂しいですな(;´Д`)


実は今回のトレードではオキノコ以外にも数種類頂いているんですが、紹介は後日にしようと思ってます。何故なら・・・、ブログネタが稼げるから~(笑)


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ
南国の雄鹿、逝く

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

ここ数日東京旅行ネタばかりでしたが、今日からはいつもの飼育ネタとなります。

いきなりですが悲しいお知らせです。大切に飼育していたディディエールシカの♂が天に召されました(;_;)


dd


羽化からまだ7カ月ほど・・・、早すぎる死です(T_T)
幸いフセツも触角も取れていないので、綺麗な状態で標本にしてあげることが出来そう。
今までその色合いとカッコイイ大アゴで僕を楽しませてくれてありがとう! 

ちなみに再セット中の♀ですが・・・


dd


一応材を齧っているようです。もう追い掛けもできないので産んでくれなきゃ困ります。☆になった♂のためにもなんとか幼虫をとれるように頑張ります!


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ
東端の珍品
どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

むし社訪問でウォレスノコと共に購入したもう一種類のノコギリクワガタ・・・、その正体は↓


rf

rf

rf


・ラフェルトノコギリクワガタ
・バヌアツ共和国タンナ島 CBF1
・♂ 2015年7~8月羽化 76mm
・♀ 2015年7~8月羽化 41mm

ノコギリ属の分布東限種、ラフェルトノコギリ!
正直今まで飼育しようと思ったことはなかったんですが、実物を見た途端一目ぼれしてしまいました~(*´ω`*)
形と色はノコギリっぽいのにボディの厚みはヒラタ顔負け。ツヤクワのような雰囲気も持っていて一粒で三度おいしい虫ですね(^^♪

それと♀がデカい! 色がついてなかったら完全にヒラタですな(笑)

実は今回ラフェルトを飼育しようと決心したのには独特の理由があります。と言うのもラフェルトは過去に野外から入ってきた♀が2匹しかおらず、国内にいる飼育品は全てその2♀の子孫だそうです。我が家のラフェルトもCBF1となっていますが、恐らくかなり血が濃いものと思われます。なのでいつ累代障害が出てもおかしくないはずで、僕の推測では5~6年以内に絶えてしまうのではないかと思っています。

だからむし社でラフェルトを見て一目ぼれした時、「飼育するなら今しかない!」と決めたのです(*'ω'*)


こちらもウォレスと同様後食をしているのですが、ブリードは来月まで待ちます。
12月はノコギリのブリードで忙しくなりそうです(;^ω^)


※追記
「日本に入ってきた野外♀は2匹のみ」と言う情報は詳細を調べてみると明確な情報元がありませんでした。あやふやな情報を載せたことをお詫びしますm(__)m
しかし、「日本には個人の研究家が採集したほんのわずかな生体しか入ってきていない」ことは間違いないようです。




にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ
モルッカ諸島の人気者

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

今日はむし社で購入したクワガタの紹介第一弾です。なぜわざわざ分けて紹介するのかと言うと・・・、ブログネタを稼ぐためで~す(笑)。

それでは早速お披露目といきましょう! こちらです!!


wr

wr

wr


・ウォレスノコギリクワガタ
・ハルマヘラ島 CBF1
・♂ 2015年7~8月羽化 65mm
・♀ 2015年6~7月羽化 36mm

言わずと知れた人気種・ウォレスでした~(^^)/
大昔に一度飼育したことがあったんですが、結果は大惨敗に終わりいつか必ず再チャレンジしようと思っていたところ、むし社でカッコイイペアと巡り合うことが出来ました(*^-^*)

♂のサイズは65mmと特別大きくはないですが、すらっと伸びた大アゴと黒に近い褐色のボディ、後翅の縁を覆う薄橙色のラインと魅力に満ち溢れています。何度見てもカッコイイーーー(≧▽≦)


雌雄ともに後食をしているので成熟していると思いますが、ここは焦らずにもう一月ほどたってからペアリングしたいと思います。
いや~、ブリードが楽しみですな(*´ω`*)


明日もむし社で購入した虫の紹介となります。ヒントは「東の端に生息するノコギリ」です。こうご期待(・ω・)ノ


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。