アクセスカウンター

プロフィール

くわがたケイスケ

Author:くわがたケイスケ
クワガタ大好き人間♂です!
九州は長崎でひっそりと飼育しています。
最近はカブト飼育も再開しました。

特撮とジョジョも好きなのでオタクでもあります。

温かい目でご覧になってください。


※リンクフリーです。コメントもお待ちしております。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
3215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
昆虫
87位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


クワガタenjoy 飼育

breeding room

オオクワ飼育ラボ - 貴吉おやじ編 -

フリーエリア

オタクなクワカブ戦記
大失敗と生まれる希望

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

先月交換した期待のアラガール♂幼虫ですが、今日ボトルをチェックしてみると・・・


ag


死神さま降臨(*_*)
蛹化しないように虫部屋ではなく廊下に置いていたんですが、先日の大寒波には耐えられなかった模様です。いくら低温種と言ってもやはり10℃以下は厳しかったか・・・(;´Д`)
せっかく大きく育っていたのにこんな凡ミスで死なせてしまうなんて。自分の未熟さを悔やみます(;_;)

しかしまだ終わってはいません!
兄妹たちは今蛹化・羽化ラッシュを迎えています↓


ag


今のところ羽化しているのは♀のみ。☆になった♂幼虫を含めて2♂5♀だと思っていたんですが、実際に蛹化してみると3♂3♀で丁度3ペアでした。♂のサイズはやや大きいハサミムシくらいですが、羽化ズレもほとんどなくブリードするには最適そうです(^^♪


♂幼虫の死が無駄にならないようにここからは一段と気を引き締めていこうと思います٩( ''ω'' )و


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

スポンサーサイト
仕込みが肝心

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

今日は昨日宣言した通りラフェルトとディディエールのセットを組みました。有言実行ですよ~( ̄ー ̄)


s


手前がディディ用で奥がラフェルト用です。それぞれマットや材に違いがあります。わかりづらいでしょうが(笑)
今は温室内で温度を合わせつつなじませているので、実際に♀をINするのは来週ですね。

さすがにこれだけではつまらないのでラフェルト夫婦の様子をお伝えします(・∀・)


s


しっかりメイトガードしてました(*^^)v
ほぼ間違いなく交尾しているでしょうから明後日にでも♀を取り出して産卵の準備に入ろうっと(^^♪


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

新婚さんいらっしゃい

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

昨日はウォレスノコの♀を産卵セットにINしましたが、我が家にはまだブリード適齢期のノコギリがいるのです。


rf

rf


久々の登場となるラフェルト~(・∀・)
♂♀ともに去年の7~8月羽化でエサ食いも良いのでバッチシ成熟してるでしょう。本日よりペアリングスタートです。

まだセットを作れていないので明日にでも組みますかね。ちょうどディディエールのセットも組まないといけませんし。

最近ノコギリがにぎやかで楽しいで~す(;^ω^)


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

これから始まるウォレスの産卵

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

タイトル通り先週ペアリングしたウォレスノコの♀を産卵セットにINしました。
同居後すぐにメイトガードを確認し2,3日そのままにしてから別居させ、今日までたっぷり高タンパクゼリーを与えていたのです(*^^)v


wr

wr


バッチリ成熟しているはずなので期待できます。ドンドン産んでね~(^^)/


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

暴れん坊幼虫

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

先日スペシャルよしさんから頂いた川西産オオクワの幼虫ペアですが、ほんの数日目を離したすきに・・・


oo


夫婦そろって大暴れ(;´Д`)
♀は蛹室らしきものを作っていたんですが、環境の変化によるストレスですかね。

幸い交換用の菌糸ビンが手元にあったのですぐさま交換です(*'ω'*)


oo

oo


う~ん、やはりダイエットしていました(*_*)
それでも♀の15g台なんて我が家では初めて。さすがは血統オオクワですね。

♀はこのまま羽化までイケると思いますが、♂はあと一回交換する必要があるかもしれませんな。
もうこれ以上ダイエットしないでね(;・∀・)


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

成功を祈ってる

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

ようやく産卵スイッチが入った?ように思われるディディエールシカの♀ですが、本日エサをあげようと思いセットを覗くと久しぶりにその姿を見せてくれました。


dd


弱っているかなぁ~と思いきや結構元気で安心しました(´▽`) ホッ
でも一応セットからは取り出し、1週間ほど別ケースでたっぷりエサを食べさせます。今週中には新しいセットを組んであげないと。

産卵セットの材にはかなり齧り跡があるんですが、見える位置でマットに産んでいる卵は一つだけしか確認できてません。


dd


前見たときより膨らんでいるのでたぶん有精卵だと思います。割り出しは2か月後あたりを予定しているんですが、ちゃんと産んでくれているかかなり不安です・・・(;´・ω・)
無事次世代に出会えるように祈っています\(-o-)/


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

白い一日と羽化するカブト

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

今朝玄関を開けて一歩踏み出してみると・・・


sa


はい、大雪です(;・∀・)
一晩で20cmほど積もってました。外は一面銀世界で風も強いので結構吹雪いてます。
東北・北海道の方からしたら珍しいことでもないんでしょうが、雪に慣れていない長崎県民にとっては一大事と言うかプチパニックです。僕は長崎に20年ほど住んでいますが、ここまで雪が積もったのは初めてです(;゚Д゚)
こういう日は頭の中でT.M.Revolutionの「WHITE BREATH」と井上陽水の「氷の世界」がヘビロテしてます(笑)

当然お出かけはできないので家にこもってスマトラアトラスの♀蛹を人工蛹室に移してました。この間の続きですね。


sa

sa


新たに5♀を移し替えました。相変わらず♀ばっかりで面白みにかけるなぁ。
ついでだったので先日移し替えた蛹たちをチェックしてみると、1匹羽化してました↓


sa


ディンプルもなく綺麗な個体です。サイズは50mmちょっとくらい? いたって普通ですね~(・∀・)

とにかくこれで結構なスペースが空いたのでその分でノコギリをブリードしよ(*´з`)


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

意外とムズイ?

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

去年の10月にオクでポチったビソンノコの♂幼虫を本日交換してみました。


bs

bs


・ビソンノコギリクワガタ
・イリアン・マピア産 CB
・2015年 9月中旬割り出し
・10月13日 800ccボトルに投入

ビソン飼育は経験がないのでこれが大きいのかどうかよくわかりませんが、現飼育ギネス個体の最大体重は19gほどだったそうです。とういことは12~14gで65~70mmくらいかな? すでに黄色味を帯び始めているのでこれ以上は伸びないでしょうね。

実は10匹購入して♂はこの2匹のみ。残りは♀で・・・


bs


こんな風に前蛹やってまーす(;・∀・)
1匹まだ蛹室を作っていない♀がいたのでどのくらい育っているか確かめるために交換してみました。


bs


♀で7gだったら結構大きいように感じます。本土ノコなら35mmくらいにはなるけどビソンはどうですかね~?

それにしても9匹いて(1匹☆になってました)2♂7♀とは・・・。でもこの間購入した別血統の幼虫は逆に♂に偏っているので丁度イイのかも(*'ω'*)


ビソンノコを飼育していて今のところ感じるのは

・雌雄が偏りやすい(これは我が家だけかも)
・20℃くらいではあっという間に成熟し蛹化スイッチが入ってしまう

という点ですかね。特に温度が高いとすぐ蛹化しようとするところはアスタコイデスと似てます。大きくしたいなら16℃くらいで飼育する必要があるのかも。

野外最大は81mmまでいく大型種ですが、その壁は結構高そうです。がんばらんばなぁ٩( ''ω'' )و


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

ちまちまレポート

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

5匹いたの内唯一蛹化スイッチが入っていなかった最後のゴロファSP幼虫も遂に↓


sn


蛹室つくったー\(^o^)/
でもボトルの一番下なのでこのままだと蛹化か羽化の時に不全になりそう。もう少ししたら人工蛹室に移してあげねば(*'ω'*)
ともあれ全ての幼虫が蛹室を作ってくれたので春ごろには成虫の姿を拝めそうで一安心ですな(*´ω`)


あ、そう言えば先週割り出ししたラテラリスノコギリですが、本日再セットにINしました。


sn


相変わらず♀は元気です。これからどんどん産んでほしいですね。期待してるぞ~(^o^)/


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ

ノコギリだけどマンディブラリス

どうもご訪問ありがとうございます。くわがたケイスケです。

この度2016年2回目の増種をしました。増えたのはまたしてもノコギリ~( ̄ー ̄)
その正体はこちら↓


sp


アジアの変わりノコ、スペンスノコギリでした(^o^)/
原名亜種はインドやミャンマーに生息していますが、我が家にやってきたのはタイ~ベトナムに生息する最大亜種・マンディブラリスです。普通のマニアに「マンディブラリスと言えば?」と質問するとほぼ「フタマタ!」と答えるでしょうが、僕の場合は今日から「スペンスノコギリ!」と答えることにします(笑)。あ、ちゃんとマンディブラリスフタマタも大好きですよ(;・∀・)

大図鑑とビークワ46号によれば、フォルケプスやパリーノコあたりが近縁種のようですね。アフリカに生息するナタールノコやアンティロプス等々は見た目こそ似ていますが、そこまで近しい種類ではないそうです。


実はもともとスペンスノコギリに対しては「興味はあるけど飼育するほどじゃないかなぁ」と思っていました。
しかし! 去年10月に発行されたビークワ57号(飼育ギネス特集)の21ページに掲載されているスペンスのギネス個体を見た瞬間考えが180℃からさらに一周回って540℃変わりました!!
落ち着いた黒褐色のボディにえぐれながらスラリと伸びた大アゴ・・・。スペンスノコギリってこんなにカッコいいノコギリだったんだと仰天しましたね。
しかも飼育下では簡単に大きくなるらしく、野外ギネスが51mm前後なのに対し飼育下では52~54mmも珍しくないようです。さらに噂によれば64mmなんてのもいるとかいないとか。

これは是非とも飼育してみたと思い探していたところ、某ショップで販売されているのを発見し購入にいたったのです。

早速準備していたボトルに移し替えようとしたところ・・・


sp


ぜ、前蛹だとΣ(゚Д゚)
確認してみたところ5匹中2匹が前蛹でした。まぁ去年の7月割り出しとのことなので致しかたないのかもしれませんね(;´・ω・)
気を取り直して残りの3匹を移し替えていきまーす。


sp

sp


残りの3匹はどうやら2♂1♀の模様。前蛹2匹はおそらく♀だと思うので全体で言えば2♂3♀と理想のバランス。
羽化ズレ対策のために♂の入ったボトルはちょっと温度が高いところに置きました。長歯を狙うなら低温でじっくり育てるべきなんですが、今は取りあえず累代が優先ですね。
憧れの長歯はWF3までおあずけかぁ(´・ω・`)


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

クワガタ ブログランキングへ